抗腫瘍作用も

フコイダンフコイダンという健康食品は、抗腫瘍作用も期待できるためにガンで悩んでいる患者さんにも愛用されています。フコイダンを服用する事によって、インターロイキン-12やインターフェロン-γなどの生産数をアップさせる効果あるのに加えてナチュラルキラー細胞の働きが活性化される事が確認されています

マクロファージや樹状細胞などから産生されるインターロイキン-12は、ナチュラルキラー細胞の働きを活性化するのに加え、インターフェロン-γの生産を促す効果が期待できます。フコイダンの働きの中でも特に注目されているのが、ナチュラルキラー細胞で、キラー細胞という名前の通りガン細胞やウイルス性の感染症を起こす細胞などに対して次々にダメージを与えていってくれます。

実はガン細胞には寿命がなく、長く生き続ける効果があるのですが、フコイダンによってアポトーシスという細胞を自殺させるように誘導する働きがある事が分かっています。フコイダンは、これまで切除しか対応できなかったガン細胞を体内の免疫力などの働きやナチュラルキラー細胞の働きによって、より健康的な身体の状態で、直接的に攻撃することによって徐々に減らす事ができるようになっているのです。